プリント・インクの種類

プリント方法は"スクリーン印刷"と"カッティングシート"と"転写"の3種類があります。
お客様のデザインや枚数によって最適なものをご提案させていただきます。

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーン印刷とは、枠にスクリーンを張って特殊な加工によりスクリーンにインクが通る部分(デザインの色付け部分)と通らない部分を作り版にし、ゴムベラを使って印刷物にデザインを印刷します。耐久性が強く、市販されているプリントTシャツの多くはこの方法によりプリントされています。
プリントの色ごとに版が必要となる為、カラー写真のような再現に何色も必要なものでなはく、1色ごとの印刷に良く使われます。プリントする量が増えれば増えるほど割安になるので、オリジナルのプリントTシャツでは一般的にシルクスクリーンプリントが使われています。

ラバーインク

通常使用する最もスタンダードなインクです。

発泡インク

乾く前に熱をあてることで膨らむ特殊なインクです。

ゴールド・シルバーインク

ラバーインクの中に金や銀の粉を混ぜたものです。粉をスクリーンに通すため版の目を通常より粗いものにします。その為細かいデザインが反映されない場合があります。

ラメインク

ラバーインクにラメを混ぜたものです。ゴールド・シルバーインク同様細かいデザインが反映できない場合があります。

カッティングシート

シルクスクリーン印刷と違い版を作る必要がない為、少数枚へのプリントに適していますが、単色のプリントになります。仕上がりもエッジが非常にシャープなので、スポーツウェアのいナンバーリングやナイロンジャケットへのプリントに良く使われます。

転写

シートにフルカラープリントしたものを貼り付ける為、写真の様な色数の多いデザインを再現する場合に適しています。カッティングシート同様、製版の必要がない為、少数枚へのプリントの際シルクスクリーンよりもリーズナブルにプリントすることが出来ます。プリントした際、トーンが落ちる傾向にありますのでお気をつけ下さい。

アイテム一覧